日常清掃と定期清掃とは

清掃コラム

オフィスや施設・店舗の清掃を業者に依頼する際、頻繁に「日常清掃」「定期清掃」というワードが出てきます。

この記事では、「日常清掃」と「定期清掃」のそれぞれの内容について解説します。

①日常清掃

日常清掃とは、トイレ掃除や掃除機がけなどの日頃の清掃です。

自社の社員やスタッフが行える比較的簡単な作業ではありますが、清掃業者に依頼することで

  • 自社の社員やスタッフの時間を最大限業務に集中させることができる。
  • オフィスや施設・店舗を長くキレイに使用する事ができる。(汚れに対する適切な対処を行うため)

といったメリットがあります。

例えば、ご家庭での清掃でもよく使われるメラニンスポンジ(白いスポンジ)などは事務所の給湯室に置かれていることが多いですが、実は清掃箇所を研磨しているため、間違った箇所で使用すると光沢が無くなったり、細かな傷ができてかえって汚れやすくなってしまうことがあります。

日常清掃を発注する時には、1時間〇〇〇〇円〜など時間単価での発注が一般的で、時間や1週間の作業日数が多ければ多いほど安くなっていく傾向にあります。

②定期清掃

定期清掃とは、日常清掃で落とすことが困難な汚れを取り除く清掃作業です。

床にワックスを塗る作業や、カーペットの洗浄、高所の除塵洗浄など、日常清掃よりも専門的な道具や知識が求められる作業になります。

なぜ「定期」と呼ぶかですが、専門的な清掃をしても日頃の使用によって再度汚れがついてしまいます。そのため、現場の状況を確認して年に数回同じ清掃をする契約を結ぶ場合が多い為「定期清掃」と呼ばれています。

日常清掃の単価はこちら

タイトルとURLをコピーしました